リライトによる記事大量生産の問題

最近、他人の書いたブログ記事やウエブサイトの記事を書き換える(「リライトする」と言う)ことにより、記事を大量生産し、ウエブ上にアップロードすると言うスパム行為が横行するようになり、社会問題化しつつあります。今日、新たに一つ見つけたので、参考として、挙げておきます。

コピー元:How to Remove NoFollow From WordPress Comments (webbeginner.com)

リライトで生成された記事:How to Remove NoFollow From WordPress Comments (wpsaviour.com)

リライトの方を読んでいたとき、「In 2005, Google launched rel=”nofollow” attribute for hyperlinks.」を読んだ瞬間にこれがリライトされた記事であることに気がつきました。英語が変なだけでなく、直前に読んだコピー元と言い回し方が同じだからです。

この部分、コピー元では、「In 2005, Google introduced rel=”nofollow” attribute for links.」となっていて、自然な英語です。

「In 2005」で気がついたのですが、なかなか同じ言葉で文章を書いていく人って、意外にいないものです。文章というのは、その人独自のものです。

こんなくだらないことをやって、どうするんだろうと思う人もいるかもしれません。

広告を貼るのか、あるいは、どこかのサイトにリンクを貼るのが目的でしょう。ウエブサイトの運営をしていない人には理解しがたいことだとは思いますが、これは非常に迷惑な行為です。

まずコピー元のサイトへの訪問者数が減少します。もしリライトの記事が検索でオリジナルよりも上に表示されたら、訪問者数が激減することは明白です。コピー元のサイトは、収入激減で、存亡の危機に直面します。

また、このサイトから他のサイトにリンクを貼る行為は、不正なリンクの増加と言えるでしょう。不正なリンクにより、不公正な競争が行われてしまう結果になります。これは、コピー元だけでなく、まじめに運営されている他の全てのサイトにとって、迷惑な行為です。

将来的に、このような行為は禁止されなくてはいけません。検索エンジンによるペナルティーは難しいと思いますので、法的な規制対象とする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする