私が使っている格安サーバー、激安サーバー(海外編)

私が使っている格安サーバー、激安サーバー(国内編)」に続き、海外編です。

日本国内にたくさんレンタルサーバー会社があるのに、なぜわざわざ海外のレンタルサーバー会社を利用するのか不思議に思う人もいるでしょうが、それにはいろいろ理由があるのです。

まず、ウェブサイトを運用しているといろいろトラブルが起きることがあります。例えば、極端な例を挙げると、掲示板を開設したら、誰かが問題のある書き込みをして、それに対して全く見ず知らずの第三者に裁判を起こされてしまうと言う場合です。それでウェブサイトを閉鎖してしまうこともあるのです。と言うか、多額の利益を生み出す商用サイトならいざ知らず、ボランティアで開設したようなサイトの場合では、全く割に合わない話です。

サイトを閉鎖すると済むわけではないのですが、何の利益にもならないのに、そんな責任を負わされるのなら、やめてしまおうと思うのが人情です。しかし、元々こういう事情がわかっている人なら、そう言う責任を負わされないように海外のサーバーを利用し、どこかの国の海外のサイトということにしてしまえば、問題はかなり起きにくいです。もちろん、それをいいことに悪いことをしまくるのは、だめです。かえって問題が大きくなるので、なるべく問題が起きないように配慮する必要があります。それでも、いざというときの安全対策として、海外サーバーを利用するのは、本当に安心できていいです。

実際、Googleなどの検索サイトも海外サーバーを使っています。日本からGoogle.co.jpへ行くと、どうも米国のカリフォルニアのサーバーに行くようです。決して、google.co.jpは日本のサイトではないのです。そうなると、google.comはどこの国にあるのでしょうか?アメリカ国内からGoogleに行くと、どこのサーバーに飛ばされるのか興味深いです。いずれにせよ、Googleのサーバーが日本国内にないため、Googleの検索などで何か問題が生じても、Googleは、「日本の法律には従わない」と言って、日本の裁判所の判決を無視しているのです。

これ自体は決してほめられたことではないのですが、サイト運営に限らず、何事も良心的に物事を進めていても、変なトラブルに巻き込まれることがあるのが世の中です。安全策として、海外サーバーを利用するのは、非常によいことだと私は思います。

今は忙しくてここまでしか書けません。この記事、続きをまた書きますので、また読みに来て下さい。
じゃあ、またね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする